20年前着ていた絹ジャケットに多数の黄変

灰色で、黒く斑点のある蚕の姿を、秦檜は思い出した。
それが旺盛に桑の葉を食うさまは、いささか薄気味悪く、好きになれないものだった。
しかし、繭を作る。
そして、生糸がとれる。
生産とは、不思議なものだった。
桑の葉だけでは、価値がない。
蚕だけなら、踏み潰したいようなものだ。
その二つから生糸をとるなどということを、誰が考え出したのだろうか。
(北方謙三著 岳飛伝第十二巻 飄風の章)

その絹で作られたジャケット。
20年前に着用していたが、ずーとタンスに仕舞っておいたらしい。
デザインが気に入っているので、もう一度着用したいとのこと。
人とは、不思議なものだ。
いくら洋服がたくさんあっても、着用したいと思わなければ、その人にとっては『価値』がないのと同じだ。
染みも古くなると、『カチ』ン・コチンになったりするので、柔軟に対応しないと・・・
(かざまクリーニング著 20年前着ていた絹ジャケットに多数の黄変)

%ef%bc%92%ef%bc%90%e5%b9%b4%e5%89%8d%e7%9d%80%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f%e7%b5%b9%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ab%e5%a4%9a%e6%95%b0%e3%81%ae%e9%bb%84%e5%a4%89

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。