袖に浮き出た黄変の染み抜き

べつな路をすすんでいる田解と後方からくる華無傷に異変はない、と田横は感じている。
何もみえなくても、わかる、という感覚に少々おどろいている。
これが戦場の感覚というものであり、兵法書を何百冊読んでも、自得することはできないであろう。
戦場にある草木や風が教えてくれるのである。
(香乱記 宮城谷昌光著)

べつな所で酸化がすすんでいる黄変と、後から出てくる黄変に異変はない、と店長は感じている。
最初、何もみえなくても、染みがついていると酸化により後日黄変する・・・という感覚に驚きを隠せない。
これが黄変の感覚というものであり、兵法書を何百冊読んでも、自得することはできないであろう。
染み抜き方法は、黄変である染みや趣味(コーヒー焙煎)が教えてくれるのである。
(袖に浮き出た黄変の染み抜き かざまクリーニング著)

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

衿黄変の染み抜きや脱色を色修正する荒野の3人  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。