メッシーナ日焼けによる脱色の色修正

---たとえ糸一本でも、人の手がかかっている。
せっかくこの世に生まれてたものを使い切ってやらなかったら、もったいねぇじゃないか。
裁縫を習っている間、繰り返しそう言われ続けた。
手間を惜しまず、ものを惜しめ。
そうすれば、裁縫もきものの扱いも自ずと上達するものだ。
(着物始末暦「しのぶ梅」 中島要著)

---たとえ日焼けにより脱色しても、ダウンを作り上げるのに人の手がかかっている。
せっかくこの世に販売されたものを使い切ってやらなかったら、もったいねぇじゃないか。
色修正している間、繰り返し天の声が聞こえた。
手間を惜しまず、天までとどけ。
そうすれば、さだまさしの懐メロも好きになるものだ。
(メッシーナ日焼けによる脱色の色修正 かざまクリーニング著)

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

衿黄変の染み抜きや脱色を色修正する荒野の3人  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。