間違ってつけてしまった裾上げテープの除去

そもそも万里の長城とは、匈奴を防ぐためのものであった。
戦国時代、各国がそれを構築したのを、秦が天下を統一したあと、始皇帝がつなぎ合わせ、補強したものである。
防ぐためのもので、攻めるための城ではなかったのだ。
(小説十八史略4 陳舜臣著)

そもそも裾上げテープとは、ズボンの股下を短くするためのものであった。
現在、様々な股下の長さを陳列してある店舗もある。
たとえば、ユニクロなど。
本来、裾上げテープは洗濯しても取れない頑丈な材質である。
そんな『丈夫』な物を染み抜きで除去できるの?
ホントに大『丈夫』?
(間違ってつけてしまった裾上げテープの除去 かざまクリーニング著)

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

衿黄変の染み抜きや脱色を色修正する荒野の3人  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。