5~6年前の脇汗染みによる脱色も綺麗になるかも・・・

「良いものさえ作れば、かならず売れる、というのは妄想にすぎません。
作るより、売るほうがむずかしいといえる。
作ったものを、広く遠くまで人々に知ってもらうには、そうとうな工夫が煎ります」
「わかります。文質彬彬ですね」
(草原の風 宮城谷昌光著)

「クリーニングにさえ出せば、染みも必ず取れる、というのは妄想にすぎません。
染み抜きより、色修正のほうがむずかしいと思われている。
染み抜きや色修正の技術を、広く人々に知ってもらうためには、相当な工夫がいります」
「わかります。千里の道も二歩で負け(将棋)・・・ですね」
(5~6年前の脇汗染みによる脱色 かざまクリーニング著)

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

衿黄変の染み抜きや脱色を色修正する荒野の3人  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。