ダウン衿化粧・袖口汚れを綺麗にするための一工夫

化粧や袖口・裾の黒ずみなど、普通に洗濯しても残ってしまいます。
なので、洗う前に汚れを前処理しましょう。

①用意する物

ユニクロダウンジャケット

・食器用洗剤

・水
・小皿
・歯ブラシ
・タオル

②前処理剤の作成

食器用洗剤を水で数倍に希釈した前処理剤を小皿に作りましょう。
油系の汚れが強いと感じたら、食器用洗剤を多めの塩梅で・・・

③しみ抜き開始

ユニクロダウンの化粧汚れしみ

しみ抜きする下にタオルを置き、前処理剤を歯ブラシにつけます。

それを汚れ部分に、軽くトントンしたり、軽く左右に動かしたりします。
しみを取ろうとして力を入れすぎると、毛羽だったり傷ついたりしますので慎重に、慎重に。

ユニクロダウンの化粧しみ

④袖口の黒ずみも

袖黒ずみ汚れの除去

他に汚れている部分も前処理しましょう。

袖口や裾の黒ずみも歯ブラシの力で頑張りましょう。

作業の途中に、ついうっかり、その歯ブラシで歯を磨かないように・・・

袖黒ずみ汚れの除去

それでも黒ずみが落ちないようであれば、汚れ部分を両手で揉む事も有効です。

衣類を見ながら傷つかないように気をつけて・・・

⑤ファスナーを締めて

ユニクロダウン

前処理が終わったら、ファスナーを閉めましょう。

ファスナーを閉じないで洗うと、脱水時に無理な力が加わり、裏地がほずれる事がありますので、念には念を。

目には目を、歯には埴輪・・・

⑥洗濯機へ

ダウン洗い

ついに、洗濯機へたどり着きました。

しかし、単に放りこんだままだと、ダウンが軽いために沈みません。
水の表面でクルクル回っているだけです。

ダウン洗い

なので、ダウンの空気を抜く作業をしましょう。
下に押したり、両手で挟んだりして、空気が抜け下に沈むまで頑張りましょう。

あとは、洗濯機が自動で洗ってくれます。
お風呂の残り湯を使えば、より綺麗に洗うことができます。

なお、風呂の代わりだと言って、残り湯の洗濯機の中にに入らないように・・・

入浴剤を残り湯に

そうそう、入浴剤を入れた残り湯を使っても大丈夫かな・・・と思っているあなたへ。

“残り湯は洗濯にも使用できますが、すすぎは清水を使うこと”
と書いてありますので、バスロマンご使用の方 安心してください。