ムートンブーツが汚れてしまったら・・・

ムートンブーツが泥などで汚れてしまったら・・・
UGGスエードブーツを実際にしみ抜きしてみましょう。

なお、水などで大きな輪染みになってしまったら、靴全体を洗う方法があります。
しかし、濃い色のブーツは洗うと濃い色が出て、上手く処理しないとムラになってしまうことがあります。
なので、靴を洗うことが出来るクリーニング店に出すのが、今の所ベターでしょう。

①しみ抜きする前に

泥が付いたUGGムートンブーツ

もし、泥がついた部分が濡れているようであれば、弱風にしたドライヤーで遠くからゆっくりと乾燥しましょう。

靴の近くで強風のドライヤーは、あまりお勧めできません。
なぜなら、ドライヤーの熱風により革が硬くなる事があるからです。

乾燥する理由は、濡れた状態でしみ抜きすると、表面が極端に毛羽立ってしまうからです。
濡れていると濃い色に見えますが、乾くと淡い色になります。

②しみ抜き開始

泥の付いたUGGムートンブーツのちょい汚れ除去方法

では、しみ抜きしましょう。

と言っても、しみの部分を消しゴムで軽くゴシゴシ擦るだけ。
親の仇みたいに強く擦らないのがポイントです。
最近流行のUGGなどは、一般的なスエードと違い毛羽立ちがあまりないので、新潮文庫のように慎重に。

馬毛ブラシ

なお、靴ブラシ(馬用ブラシが柔らかくお勧め)でブラッシングしても、汚れが結構落ちます。

③しみ抜き中

UGGムートンブーツのちょい汚れ除去方法

消しゴムでゴシゴシと軽く擦ると・・・

だんだん黒っぽいしみが、マジックのように消えていきます。

④仕上げ

UGGムートンブーツのちょい汚れ除去方法

最後に、表面を手で毛の流れに沿ってなでたり、ブラシで整えたりすれば出来上がり。

泥汚れがついたら早めにしみ抜きすれば、より落ちすくなるでしょう。

~ まずは、汚れの予防を ~

履く前に、防水・撥水スプレーをすると汚れ予防になります。
スプレーは、革製品もOK!と書いてある物を選べば安心ですね。
通気性のよい所、そして、寒くない所でスプレーを。
密閉した部屋でスプレーすると、頭がクラクラするので要注意。(経験者は語る)
寒い所だと、スプレーが細かい霧状とならずに粗いシャワーのようになり、ブーツがムラムラになってしまいます。

~ 防水スプレーの効果 ~

革用防水スプレー

では、実際にUGGムートンブーツに防水加工をしてみましょう。
どのような防水剤を使えば良いのでしょう?
ネットでスエードブーツ専用の防水スプレーも売っています。
しかし、近所のホームセンターに、革それもスエードも大丈夫と書かれた防水スプレーを発見。

スエードブーツに防水加工

安心してください。
UGGスエードブーツにスプレーしても、濃い色にもムラムラにもなりませんよ。
これだけ水をはじいてくれれば、突然の雨の日でも安心ですね。