< 家庭でのニットの洗い方レシピ >

手洗い不可の取り扱い絵表示でも、家庭で洗う事ができるニットがあります。
ニット洗い時のトラブル(縮みや色落ち)などを解消できるように、一つ一つ手順を説明していきます。

① 取り扱い絵表示の確認

取り扱い絵表示

まずは、衣類についている取り扱い絵表示の素材を確認します。
レーヨン素材は、水に浸けただけで結構縮む事がありますので要注意。(必ず採寸するかクリーニング店に依頼)
左図 手洗いマークは、30℃以下での手洗いOK
右図 手洗い×マークは、手洗い不可

② ウール縮みの原因

ウールは通常、うろこのようなスケールが閉じた状態になっていて、ひっかかることもありません。
しかし、ウールを水に浸けると、スケールがパカッと開いてしまいます。
その状態で揉んだりすると、近隣のスケール同士がひっかかって絡み合い、隙間がなくなり縮んでしまいます。(フェルト化)

なので、水につけた状態では、極力揉んだり動かしたりしないように気をつける事が大切です。

③ 色落ちテスト

おしゃれ着用洗剤(エマールやアクロンなど)の原液を、白い布(ハンカチやタオルなど)につけます。
それを目立たない所(裾の裏側など)で、トントンと叩きます。
その際、白布に色がついた時は、洗うのを諦めクリーニング店に依頼してください。
特に、濃い色(赤)などは、色が出やすいので注意が必要です。
色が出ないときには、次に進みましょう。

④ 採寸

採寸

袖、胸回り、丈をスケール(メジャー)で採寸します。

そうすれば、洗った後多少縮んでも、そこで成形(引っ張るなど)が可能となります。

⑤ 前処理

染みや汚れ部分を洗う前に前処理しましょう。
今回のつけおき洗いだけでは、汗などは落ちますが、染みや汚れはあまり落ちません。

おしゃれ着用洗剤原液や、水で数倍に希釈した食器用洗剤(油っぽい染みの時)を小皿にとります。
それを歯ブラシにつけ、染み部分にトントンと軽く叩きます。
決して歯ブラシを縦や横に動かしゴシゴシしない事(繊維が毛羽立ち、毛玉が出来たり、白化します)

⑥ つけおき洗い

洗面器に30℃以下の水をはり、おしゃれ着用洗剤(エマールやアクロンなど)を10ml入れ、手で混ぜます。
そこに、首や手首が上になるようにたたんだニットを入れます。
その際、前処理した部分を軽く数回押しつけるようにすれば、染みや汚れも多少落ちやすくなります。
ただ、あまり動かしすぎると、縮みの原因になるのでほどほどに。

・ つけこむ時間は10分以内で。
あまり汚れていないようであれば、3~5分つけこむだけでOK

初めて洗う場合には、必ず衣類の状況を見ていましょう。
もし、途中で色が激しく出たら、すぐさま取り出してすすぎましょう。

なお、水温30℃以上にすると、縮みや色落ちしやすくなるので注意を。
100円ショップで販売している赤ちゃん用お風呂温度計などがあればいいかもしれませんね。

⑦ すすぎ

半分にたたみ、両手で押さえつけるように水を絞ったら(雑巾しぼりはダメ)
つけおきした水を捨てる。
新たに、30℃以下の水をはり、柔軟剤(ハミングなど)を少し加え、ニットを入れ数回軽く押す。
約1分間つけこみます。

柔軟剤には静電防止効果があるので、乾燥する冬には必需品ですね。
また、ニットが擦れて発生する毛玉に対しても、すべりがよくなるのでわずかながら効果があるようです。
(花王 ニットの大敵・毛玉を防ぐ! 柔軟剤の意外な活用法

今の時期は、水道の水温が13℃くらいで、真冬になると5℃まで下がります。
また、真夏には、26℃くらいまで上がります。
洗う温度とすすぐ温度に大きな差があると、縮みの原因になります。

⑧ 脱水

ニットをそのままの状態でバスタオルにくるみ、できるだけ水分を取ります。
冬場は乾きが悪いので、その後、バスタオルにくるんだまま、洗濯機の脱水がお勧めです。
高速脱水に入ったら、15~30秒で止めましょう。

絞りすぎると、型くずれやしわが発生しますので、適度に。

⑨ 干す

100円ショップで販売している平干しネットがお勧めです。
綺麗にたたむと、そのままの状態で乾燥します。

なお、すぐに乾燥したいからと言って、石油ファンヒーターの熱風に直接当てないで下さい。
酸化窒素ガスにより脱色してしまう事もありますのでご注意を。

参考文献

洗濯・染み抜きドットコム
花王(ニットの大敵・毛玉を防ぐ! 柔軟剤の意外な活用法