スエットにキッチンハイターで脱色

練兵場に台も運ばれ、椰子が載せられた。
礼は無造作に、腕を振った。
飛刀が、椰子の実を二つにし、礼の手もとに戻ってきた。
「なるほど。これは手妻(手品)だな」
感心したように、李俊が言う。
(北方謙三著 岳飛伝第九巻 曉角の章)

染み抜き台にスエットが運ばれ、染料と顔料が載せられた。
店長は無意識に、腕を振るった。
まずは、脱塩素剤で塩素を除去し、その後、タヌキ筆で色修正を行った。
「なるほど。これはムジナだな」
んっ、タヌキとムジナって同じなの?
(かざまクリーニング著 スエットにキッチンハイターで脱色の章)スエットにキッチンハイターで脱色

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。