孟嘗君

紀元前の中国戦国時代。
秦のように戦いに明け暮れ領地を増やしていくのか、斉のように良い人材を登用し領地を増やしていくのか・・・
群雄割拠して天下をうかがう戦国の世は、宰相の能力が問われていた。
中でも、食客を数千人引き連れ、魏・秦・斉の宰相を務めた孟嘗君は、民を一番大事に考えていた。
まさに、その食客を率いていた孟嘗君自体が土地を持たない国のようでもあった。
ちなみに、若い頃、孟と呼ばれ嘗の国を治めた君主となったので孟嘗君と言われた。
決して、おそ松君やあばれる君とは違うので・・・
(宮城野昌光著 孟嘗君)

conv0002

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。
最新記事 by 風間 一晃 (全て見る)