ロロ・ピアーナ革付き衿黄変の染み抜き

---わしでは、こうはゆくまい。
と、心の深いところで子産の弁知を称めたのは子展であった。
ことばの力とは何であるのか。
それはおそらくことばを産み、表現することが、そのものの真正しさに関わりがあるのであろう。
士亡が聴いたのは、子産のことばであったには違いないが、じつは子産そのものではなかったのか。
子産を聴いたのである。
(宮城谷昌光著 子産(下)

---裏側に羊革がついている衿の黄変処理は如何に。
と、心の深いところで店長は、染み抜き方法を探った。
化学の力とは何であるのか。
それはおそらく染みを溶解し、色を消すという、まさにマジックそのものである。
ちなみに、マジックリンも油汚れを強力に落とす優れものである。
ちなみに、油性マジックは、マッキーを愛用している。
(かざまクリーニング著 ロロ・ピアーナ革付き衿黄変の染み抜き)

ロロ・ピアーナ革付衿の黄変しみ抜き

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。