塩素系漂白剤による脱色に色かけ ~ストライプ編~


 先日、千葉から宅配便が届いた。
 洗濯時、ポケットに入れた物から色が出てしまった。
 すぐに、塩素系漂白剤を用いたが、オレンジ色は取れずにストライプ柄の色が脱色してしまったとのこと。
 
 最初に、このオレンジ色を除去する作業を開始。
 色素系染み抜き剤を塗り蒸気で加熱の行程を何度も繰り返す。
 
 なんとかわからないくらいになったので、次はストライプ柄に色かけ作業へと移る。
 
 
 普通に色かけすると、周りに色がにじんでしまうので、奥の手を使いながらまずは手前の紫色の色かけをしてっと・・・
 
 今回は、染料よりも洗濯に強い顔料を用いて色かけを行った。
 いくら顔料を使用したからといっても、高温でガラガラと洗濯すると、色かけ部分が落ちる可能性もある。
 なので、マイルドに洗濯することをお勧めする。
 って、マイルドってアイドルの仲間?
================================
   福島県 会津坂下町
  かざまクリーニング
    http://www.netde-cleaning.com
   maido@netde-cleaning.com
================================
The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。
最新記事 by 風間 一晃 (全て見る)