ズボン股下黄変の染み抜き

『数ヶ月前、クリーニングしたのに何故黄変するの?』

一般的に、クリーニング料金が安い所は、ほとんどが水を使わないドライクリーニング処理です。

ドライすると、シワもできず、縮みもなく、移染も起こりにくいので、仕上げもたいへん楽です。

しかし、水でのウエットクリーニングすると、シワができ、縮みも発生し、移染の危険性も高くなり、仕上げにたいへん時間がかかります。

安い料金で生産性を上げるためには、手間がかかる事は出来ないでしょう。



黄変は、汗などの水溶性の汚れが残っているため、後日出現する事が多いようです。

当店では、ズボンはほとんど水でのウエットクリーニングです。

なので、ズボンの股下黄変の依頼は、ネットを見た新規のお客さまです。

ちなみに、ネットと言っても網戸やバドミントンの事ではありません・・・


The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。