Tシャツについた黄色カビの染み抜き

「そうだ、段景住。人材の豊富さで、梁山泊は官軍と闘える」
「ちょっと違うな、それは。官軍にも人材は豊富なんだ。
それを有効に使っていないだけさ。
たとえばおまえを、牢城に放りこんじまうとかな。
梁山泊は、とにかく人が足りねえ。
人材をいかすしかねえんだよ。
紫髯伯なんて呼ばれている皇甫端なんてな、ただの飲んだくれに墜ちてた。
馬を与えることで、あの人は生まれ変わったな。
ほかにも、いろいろいる。大砲を造っている凌振とか、面白い男も」
(北方謙三著 水滸伝第十三巻 白虎の章より)
「そうだ、この黄変。漂白剤の豊富さで、復元加工は黄色カビと闘える」
「ちょっと違うな、それは。ワイドハイターでもわかるように漂白剤は豊富なんだ。
それを有効に使っていないだけさ。
たとえばワイドハイターを、お湯に放りこんじまうとかな。
漂白剤は、とにかく繊維の奥まで浸透しない。
その漂白剤が奥まで浸透するように、準備が必要なんだ。
○○を与えることで、漂白剤は生まれ変わったな。
ほかにも、いろいろある・・・」
(かざまクリーニング著 水滸伝第十三巻 漂白の章より)

 

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。