ピンク財布のお手入れ

国家は容器で、民は水。
梁興が言ったことだった。
それについて、岳飛は考え続けてきた。
自分に、国家を作ることなどはできない。
作るための地ならしをするのが、軍の仕事なのである。
そう思っていた。
(北方謙三著 岳飛伝第十一巻 烽燧の章)

お金は財布に、魚民は飲み屋。
店長が言ったことだった。
財布は使っていると、どうしても汚れてしまう。
なので、ひどく汚れるその前に・・・
お手入れをすれば、だいぶ綺麗になるのである。
あっ、表面がはがれた角だけには顔料を使った。
(かざまクリーニング著 ピンク財布のお手入れの章)

ピンク財布のお手入れ(色修正なし)

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。