オレンジ色に脱色してしまった大切な衣類は、色修正により寿命が延びるかもしれません

「武者修行というものは、何も試合をして歩くだけが能じゃない。
一宿一飯にありつきながら、木刀をかついで、叩き合いばかりして歩いているのは、あれは武者修行でなくて、渡り者という輩、ほんとの武者修行と申すのは、そういう武技よりは心の修業をすることだ。」
(宮本武蔵(2) 吉川英治著)

「色修正というものは、何も地色と同じ色を入れるだけが能じゃない。
脱色してオレンジ色になってしまったら、最初に、オレンジ色を打ち消す反対色を入れる。
それから地色と同じ系統の色を入れていく。
何よりも大事なのは、色修正の技術よりも、脱色を現状よりも良くしたいという心の修業をすることだ。」
(オレンジ色に脱色した衣類を色修正 かざまクリーニング著)

日焼け脱色(衿)の色修正

日焼け脱色(袖)の色修正

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

衿黄変の染み抜きや脱色を色修正する荒野の3人  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。