タンザニア ンゴロンゴロのベストな焙煎地点にやっと辿り着いた

カフェでタンザニア(キリマンジャロ)珈琲を注文すると、酸味が残った状態で出てくる。

以前私も、やや酸味が残る地点で焙煎を終了していた。

というのも、もう少し焙煎時間を長くすると、焦げた味になってしまうからである。(焦げと苦みは全く違う。)

その酸味が苦手で、タンザニアの焙煎から遠ざかっていた。

しかし、数ヶ月前、全く酸味がないタンザニア珈琲に巡り会い衝撃を受けた。

それ以来、タンザニア ンゴロンゴロのみをずっ~と焙煎してきた。

焦げる一歩手前の焙煎が、酸味がなく、ほどよく苦く、味に深みがある。

試行錯誤の末、ようやく満足のいく焙煎に辿り着いた。

今までは、火力を一定にして焙煎していた。

そうすると、1爆ぜから2爆ぜ開始までの時間が3分しかなく、2爆ぜの音が聞こえると同時に豆が焦げてしまう。

これを解消するために、1爆ぜ開始直後に、火力を弱くしてみた。

その結果、1爆ぜから2爆ぜ開始までの時間が6分と長くなった。

そして、2爆ぜが始まり40秒後(2爆ぜピーク)で焙煎終了しても、焦げないことがわかった。

今までは、ある一定の時間(いろいろな時間で試した)が経ったら、火力を弱くしていた。

最終的に、豆の状態(1爆ぜ開始)での火力調整に落ち着いたので、やっと時間から開放された感じかな・・・

次は、グァテマラ?

いやいや今後も、当分の間、この豆を焙煎し続けるだろう。

『ともかくタンザニアより来たる、亦た楽しからずや』

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。