『ブリュッセル展』郡山市立美術館にて開催中

郡山市立美術館で開催中の『ブリューゲル展』
ノアの箱舟を描いた絵が、ガラスケースの中に入っていた。
その理由を学芸員に聞いてみたら、ドイツ デッサウ美術館所蔵の絵画で、
①外気に触れないようにするため。
②絵の裏側に、簡易的な温湿度計がついているので、後日、絵がどうような環境に置かれていたのかがわかる。
このように、緻密で『繊細』な絵を見ることができたのは、『千載』一遇のチャンスだったかも・・・

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。
最新記事 by 風間 一晃 (全て見る)