白糸と青糸織りシャツが塩素系漂白剤で脱色

「将軍、真面目に、戦いをしてください。」
「俺はいつだって真面目だぞ、趙光」
「三百騎で突っこんでいかれた時は、この人は馬鹿かもしれない、と本気で思いました」
(北方謙三著 岳飛伝第十五巻 昭影の章)

塩素系漂白剤で脱色した所に、色修正での戦いを挑んだ。
白糸と青糸が織り込んである状態だぞよ
細い筆先で色を入れていた時は、目が点になるかもしれない、と本気で思いました
(かざまクリーニング著 白と青織りシャツが塩素で脱色の章)

白と青織りシャツが塩素で脱色

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。
最新記事 by 風間 一晃 (全て見る)