フレンチプレスとペーパーフィルターで淹れたコーヒーは、味の違いが一味瞭然

先日、会津若松まちゼミ『珈琲の美味しいお話』(豆や よーだcoffee主催)を受講。

グァテマラをフレンチプレスとペーパーで淹れ、それぞれ味わう。

おやっ、フレンチプレスは、油分・雑味・えぐみ・めぐみ?(浅丘)なども、そのまま抽出されるそうで、口に含んだ瞬間、コク?が広がる。(さまざまな味が混ざっている感じ)

しかし、なんとなく酷?な後味がしばらく残り、飲んだ後のスッキリ感はない。

そして、飲み終わったコップの底には、細かい粒が結構残っている。

それにひきかえ、ペーパーフィルターは、油分が紙に吸収されるそうで、後味にもスッキリ感がある。

結論としては、最初の一口目にフレンチプレス、それ以降はペーパーフィルターで飲めたら嬉しい。

つまり、両方の良い点を取り入れるので、喧嘩両成敗・・・でなかった、和洋折衷?

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。