目覚まし時計を改造して、アラーム音を小さくしてみた。

朝、目覚ましで起きるのだが、その音が大きすぎる。

快適に起きるため、アラーム音を小さく出来ないものか・・・

① 目覚まし音が出る穴に、ガムテープを貼ってみた。

結果は、まるで変化なし。

② 時計を分解して、スピーカー?部分に綿をつめてみた。

結果は、まるで変化なし。

③ スピーカーの黒い部分を取り除き、共鳴円盤のような金属のみで音を出してみた。

すると、だいぶ音が小さくなった。

そこで、条件を変えながらいろいろ試してみた。

小さな丸金属がないと、秒針の音と同じくらい小さい。

なので、円盤と小丸の間に不織布を入れ、音を調節したら、静かなること林のごとく・・・

この小さな丸が音を『支配』しているとは、優勝した相撲取りに授与される『賜杯(しはい)』に相当するかも・・・

調子に乗って、2個目の小さな時計の改造へ。

コンパクト設計だったため、中のボックスを外そうとしたら・・・

『長針』と短針がぶらぶら状態に陥り、結局、不燃物ゴミへとまっしぐら。

『超・慎』重に扱わないと・・・

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。