コート肩日焼けの色修正

『お告げなんてそんなもんだ。運命なんて、頑張りゃいくらだって変えられるんだ。
なあ、少爺、だから生きてくれよ。おいらがやったみてえに、白太太のお告げを、変えてみてくれよ』
(浅田次郎著 蒼穹の昴より)

明治維新の頃、隣の清国で貧乏な少年が苦労を重ね、宦官の最高位まで上り詰めた話である。

色修正もできないと思ったらそこで技術は止まってしまう。

『頑張りゃいくらだって元の洋服の色に近づく事ができるんだ』
(かざまクリーニング著 ダイハツかスバルより)

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。