革ダウン肩脱色の色修正

「解珍殿、つかぬことを訊きますが、あのたれは、解珍殿以外には作れないのですか?」
「作れまいな。わしも、言葉では言えん。いつなにを加えるか。それはただ感じてそうしているだけなんじゃ。なにとなにを入れればよい、というようなことは、教えられる。しかし、いつ入れればよいかということは、どうにも教え難い」
(北方謙三著 水滸伝第十八巻 乾坤の章より)
「風間殿、つかぬことを訊きますが、あの革の脱色は、青色だけでは作れないのですか?」
「作れまいな。わしも、言葉では言えん。いつなにを加えるか。それはただ感じてそうしているだけなんじゃ。青色と紫色を入れればよい、というようなことは、教えられる。しかし、いつ入れればよいかということは、どうにも教え難い」
(かざまクリーニング著 水滸伝第十八巻 革の脱色の章より)

 

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。