ベージュ上着塩素脱色の色修正

「周は女に臣が姓、召は女に吉が姓、この両女を結びあわせるために、鉤をつけぬ釣竿をかついで奔走したことを、褒めてくださったのでしょう」
太子発は感に堪えぬように手を拍った。
「まことにそうだ。太公望は天下一の釣り人である」
(宮城谷昌光著 太公望(下)

「塩素系漂白剤は色を壊す、この脱色を色修正するために、染料と顔料を片手に奔走する姿を見て、お客さまが当店に依頼されたのでしょう」
店長は感に堪えぬように手を拍った。
「まことにそうだ。太鼓と棒は、太鼓の達人が大好きな三男の必需品である」
(かざまクリーニング著 太鼓と棒)

ベージュ上着塩素脱色の色修正

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。