テンセル ワンピース塩素脱色の色修正

魚を疾風に放りこみながら、童猛は言った。
「あの石炭を、蒸し焼きにするのですよ。
すると、大量の黒い汁が出ます。
それを船底に塗ると、腐るのを防ぎます。
水漏れも、小さな穴なら塞ぎます。」
若い者たちで、今それをやっているということなのだろう。
建物も、土台のあたりにはそれを塗る。
(北方謙三著 楊令伝第一巻 玄旗の章)

塩素系漂白剤で脱色したワンピースを色修正しながら、店長は言った。
「あのワンピースは、テンセル素材なのですよ。
普通に洗濯すると、洗い時の摩擦や脱水時の折り皺で白っぽくスレが出ます。
それを防ぐためには、ドライコースやバケツで手洗いがお勧めです。
脱水も、途中で止めましょう。
少しの工夫が、衣類の寿命を長くできます。
テンセル素材を詳しく知りたい人は、センテル人語(天声人語)がお勧めです。」
(かざまクリーニング著 ワンピース色修正巻 テンセルの章)

テンセル ワンピース塩素脱色の色修正

福島県会津坂下町  かざまクリーニング

色修正ができるクリーニング3店舗  とっとこシミ太郎

The following two tabs change content below.
福島県会津盆地のど真ん中(会津坂下町)かざまクリーニング勤務。 平成27年11月と28年3月、衣類の染み抜き・収納法に関して、FTVみんなのニュースにテレビ出演。数年前から、衣類の日焼けや脱色の色修正に取り組んでいる。